写真は人の歴史そのもの

写真は人の歴史そのもの

このご時世、自分を証明するには証がいろいろと必要です。
提出書類には写真を添えますが、せっかく撮影するなら、自分らしくてしかも綺麗に撮ってもらいたいと誰しも思います。
写真を撮る機会は何度もあります。
人生を辿れば、誕生の時、お宮参り、七五三、就学式、卒業式、成人式、就職写真、見合い写真、結婚式から果ては遺影写真までいろいろ。
愛知県は結婚式や家の新築の際に大盤振る舞いする風潮があることが知られ、記念の写真撮影も怠らない。
また年齢に従い記念すべき節目に撮る記念の写真、60歳の還暦、70歳の古稀、77歳喜寿、80歳傘樹、88歳米寿、99歳白寿等、生きていることはめでたいしあやかりたいとばかり親族が集まります。
叙勲や名誉を受けた際の集合の写真撮影と、とにかく写真を撮る機会は多いですね。
自分で撮るひとも多いのですが、正式な写真となると写真館のプロにお任せすることになります。
カメラ店やDPEとは異なり、一般顧客からの依頼によってスタジオ等で写真撮影することを主な仕事とする業態は営業写真館と呼ばれ、愛知県内にの沢山あります。

写真館の誕生とその変遷

我が国では幕末のころ長崎で開業した撮影局が最初とされ、明治維新後横浜で開設されたのが営業写真館の始まりと言われます。
職業として写真撮影するには、自分の店を構えて撮影スタジオを設置すること、さらに写真撮影から現像やプリント一式を行うことが必須条件で、このスタイルが昭和の終わりころまで主流でした。
平成に入り現在は全国に2万軒ほどの写真館が看板を出しています。
愛知県には1000軒近くの店舗が営業しています。
他府県の数と比べて少し多いという感じはしますが、これも華やかなことを好む愛知県民の県民性から来ているのかも知れません。
その昔、カメラの普及率が低い頃は写真を撮るのは写真館と相場は決まっていました。

愛知県で写真館を探す方法
撮影現場のスタジオは証明機材・設備を備え、背景に風景画もいくつか用意されていました。
時代が進むにつれカメラが普及し、自動で露出するものやピントを合わす機能を持つ製品が安く出廻る様になると、写真を撮る際の技術・機材も不要になり写真館の利用者も減少しました。


  • gucci handbags outlet
  • fake oakley sunglasses
  • canada goose outlet
  • canada goose pas cher
  • louboutin outlet online
  • cheap oakleys
  • cheap louis vuitton handbags
  • cheap uggs
  • canada goose cyber Monday
  • michael kors outlet
  • michael kors outlet
  • gucci outlet
  • cheap michael kors bags
  • cheap oakleys
  • black Friday uggs
  • michael kors bags sale
  • 2014 louis vuitton bags
  • ugg boots outlet
  • cheap canada goose jackets
  • ugg boots on sale